ホーム > 現金化 > クレジットカード換金のリスク

クレジットカード換金のリスク

クレジットカードで現金を手にする手段のひとつとして、クレジットカードのショッピング枠を現金化するというものがあります。
しかし、現実にはクレジットカードの現金化がクレジット会社にバレて、カードの利用停止になる人が後を絶たない現実があります。
そこで、クレジットカードのショッピング枠で現金を手にするリスクについてまとめてみました。
まずは、クレジットカードの利用規約に触れるということ。法律には触れませんが、多重債務を助長させるという観点から、各種クレジットカード会社が禁止している行為なのです。
そのことにより、違反した罰則として、クレジットカードの利用停止の措置が取られるケースがあります。
他にも多重債務となってどうしようもなくなり、自己破産になったとします。
その場合に、裁判所から免責の許可を得る必要がありますが、この場合、免責が不許可になるケースもあるのです。
自己破産を申請して、免責許可を得ようとする場合、クレジットカードの現金化が理由で引っかかってしまうという事もあり得ます。
でも、やはりクレジットカード換金の一番のリスクは、「クレジットカードの利用停止」です。
その後、またクレジットカードの利用が再開されればいいのですが、強制退会となると、信用情報も汚れることになります。
また違うクレジットカードを作ればいいと安易に考えるかもしれませんが、信用情報は汚れてしまっているので、それも厳しくなると言えます。

現金化の良い評判店はこちらから:ネオギフトの評判はこちら


タグ :